むくみ・冷え症・慢性疲労・眼の疲れ・便秘・肌荒れ・アトピー・ダイエットに効果があります


リンパの流れが良くなると、良いことが沢山あります♪

1:様々な体調不良の解消
むくみや冷え、肉体疲労からくる腰痛や首、肩こり、頭痛、目の疲れ、さらには便秘症状の緩和などに。

2:免疫力・抵抗力がUP!!
リンパドレナージュを行うと、血液中のリンパ球が増加する事が医学的に確認されています。病気にかかりにくく、傷の回復も早くなります。

3:美肌、アンチエイジング効果
リンパドレナージュは老廃物を除き、真皮に存在するコラーゲンを活性化させます。全身のお肌が身体の内側からリフレッシュされて、若さを保つことができます。

4:ダイエット効果
リンパドレナージュを行うと血液やリンパの循環が良くなり、体温が上昇して基礎代謝が上がり痩せやすくなります。体温が1℃上昇すると、基礎代謝は13%UPすると言われています。
また、老廃物と一緒に脂肪酸も流されるのでより高い効果が期待出来ます。

5:心身ともに健康に
リンパは自律神経である副交感神経に100%支配されています。ストレスなどで緊張、興奮状態が続くと副交感神経がうまく働かなくなり、様々な不調に繋がります。リンパドレナージュを行うと副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスした状態になり、自律神経が整ってきます。身体が変われば心も変わります。
リンパドレナージュでストレスから引き起こされる病などにも対抗出来る身体作りをしましょう。

どのような効果が期待できるのでしょう?

むくみ・冷え性(冷え症)の改善に

現代社会では、これらの症状を抱えている方が増えています。座りっぱなしでのデスクワーク、ショップなどの立ち仕事など、一つの姿勢で長時間仕事をしていることが多く、また、重力の関係で体液が手先や足先に集まってしまいます。これがむくみの原因に繋がってきます。

 

本来は筋肉の働きなどで還流が促されるのですが、特に女性の場合、筋肉そのものが少ないので、こういう体質になりやすいようです。

また、体液は水分ですから、身体を冷やしてしまいます。水を温めるには、それなりのエネルギーを必要としますが、冷める分にはエネルギーは必要ありません。ゆえに、むくみを抱えている方は、冷えにもなりやすい体質と言えるのです。

リンパドレナージュは、その水分を洗い流すので、むくみや冷えを改善する最適なトリートメントと言えますね。

肩こり・腰痛、首や背中の張りの軽減、肉体疲労の軽減(スポーツケア)

肉体疲労やストレスで身体に不要な老廃物や疲労物質がうまく流れないことで、肩こりなどの症状が起こることがあります。
この場合、揉んだり普通にマッサージするだけではリンパは流れないので、症状は改善しません。揉みほぐしは一時的にスッキリしたように感じますが、すぐに元に戻ってしまいます。

いつも肩、首、背中が凝っている、腰が痛い、寝ても疲れが取れないという症状が続く時、リンパの流れを正常に戻すことにより改善される場合があります。

 

また、仕事やスポーツなどで筋肉を使うと、乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まって、痛みが出たりします。 筋肉を使った後のトリートメントとして、リンパドレナージュを行なうと、筋肉に溜まった乳酸を効果的に洗い流すことができます。

 

風邪や病気に強い、抵抗力のある身体に

リンパの働きの一つ、免疫機能を高めましょう。

リンパ管やリンパ節がうまく機能していないと次第に免疫力が低下して、病気にかかり易くなってしまいます。 リンパ節で、身体に入ってきたウィルスや細菌との戦いに勝つためには、リンパの流れを正常に保つことが大切です。

 

リラックス効果

リンパ組織は、基本的に身体を休めるための自律神経である副交感神経が支配しています。施術中、心地よい眠気が来ることがありますが、それはあなたのリンパ組織が活性していることの証です。
逆に言えば、心身共にリラックスした状態でなければ、リンパの流れが滞ってしまうのです。普段の生活の中でも、自分だけのリラックスタイムを作ってあげることを心掛けるだけでも違ってきます。

 

便秘解消・デトックス(解毒効果)

一般的に女性に多い便秘。生活習慣の問題だけでなく、生理の影響もあります。 排卵後~月経前に分泌される「黄体ホルモン」には、腸の押し出す力を低下させる働きがあります。 また、女性の場合は、腹筋が男性よりも弱かったり、さらには無理なダイエットをしたりと、便秘が女性に多いのは、このような理由があるのです。
一般的なデトックスと呼ばれているものは、サプリメントなどを併用するところが多いですが、当院のリンパドレナージュではそれを必要としません。

施術後はトイレが近くなることが多く見られます。便秘解消には最適な施術かも知れません。(おなかのビッグウェーブが襲うことも。。。)

 

肌荒れ・にきび・アトピーの改善に

当院のリンパドレナージュでのUさんのアトピー改善例
アトピー施術前施術前

 

アトピー10回施術後10回施術後
※効果には個人差があります。

 

当院のリンパドレナージュでのKさんのアトピー改善例

施術前

 

after10回後(途中経過)
※効果には個人差があります。

 

リンパドレナージュにはコラーゲン生成を促し、皮下の栄養を高める事で皮脂の分泌を適切に促す作用があります。

また、自律神経的な観点から言えば、ストレスがたまって、交感神経が高ぶった状態では、免疫システムの中で、全身性に顆粒球過多の状態になり、体の常在菌との反応で化膿性の炎症を引き起こしやすくなります。

特に肌は外界の環境から体内環境を守っているので、常にウイルスや細菌などの脅威にさらされています。それゆえに、常にストレスを抱えた状態に置かれると、肌荒れやにきびを起こしやすい状態になります。

リンパドレナージュには、身体をリラックスさせる効果もありますので、肌荒れの方には最適なケアと言えますね。 また、当院のリンパドレナージュではオイルを使いません。オイルが合わないという方にも安心な施術です。

【注意】 ただし、老廃物が溜まっている方などは、一時的にリンパ節に沿って、症状(肌荒れ)が悪化することがあります。これは、老廃物が吹き出ることによる反応によるものです。回を重ねると、リンパの流れもスムーズになり、そういった症状は治まる傾向にあります。

スリムダウン効果(ダイエット効果)

部分痩せやダイエット効果も期待できます。 ただし、リンパを洗い流すということでの一時的に体重減少に繋がる事はありますが、やはり限度があります。
※この下に、J.Mさんの1年間のサイズダウンの記録の例を載せました。

 

痩せるか、痩せないか・・・

「体重減少」という意味では、△
「細くなる」という意味では、○

リンパドレナージュで、むくみなどが解消されるとサイズダウン効果が望めます。しかし、年齢、部位、皮膚の状態など人によって異なりますので、一律にこういった効果が出ますということを約束できるものではありません。

リンパドレナージュには、脂肪につながる脂肪酸の排泄を促す効果がありますので、太りにくい体質を作ることが出来ますので、そういう観点で受けられると良いと思います。

J.Mさんの1年間のサイズダウンの記録

monjun

こちらの感想を書いて下さったJ.Mさんの1年間のサイズダウンの記録です。

特に食事制限などは行っておりません。リンパドレナージュのみでの効果です。1年掛けてですので、健康的に減っていますね。(効果には個人差があります)

 

ヒップは、着衣の上から計測した関係上、多少数値の誤差があると思います。(現在は、ヒップの計測は行っておりません。)

 


大腿部は、左右それぞれ増減を繰り返しながらも、右肩下がりで減っていますね。一時的に増えたりすると、ショックがあるのですが、どの方も概ねこのような減り方をします。

ふくらはぎは、周囲が少ない分、ある程度のところで下げ止まりが起こりやすいですね。もう少し行けるかと思いましたが、これが限界値かも知れませんね。 しかし、施術を始めてから、計測開始時の値に戻っていることが殆どありませんね。極めて順調に推移した例だと思います。

【コラム】 リンパの流れが悪いと、施術が痛いって本当?

当院の施術は、治療系のリンパドレナージュなのですが、深部リンパへの刺激の際に、悲鳴をあげるほどの強い痛みを感じる人がいます。

もしかしたら、一度は聞いた事があるかも知れません。 「リンパの流れが詰まっている人は、リンパへの刺激で痛みがある」

しかし、これには明確な根拠がありません。なぜなら、指がめり込むほどのむくみがあるにも関わらず、深部リンパへの施術で大して痛みを感じない方もいますし、その逆で、明らかに施術効果が出ているにも関わらず、深部リンパへの刺激で痛みが変わらないという方がほとんどだからです。

深部リンパへの刺激は、かなり指をめり込ませるような強い施術になりますので、リンパの詰まりどうこうではなく、むしろ痛みを感じて当たり前とも言えます。毎回、深部リンパへの刺激で、のた打ち回るほど痛みを感じる方がいらっしゃるのですが、施術の覚悟を決めるために、御自身でいつも痛みを感じる深部リンパの箇所を毎日押していたそうです。そうしたら、施術での痛みが変わったのです。

そうです。要するに、「施術への慣れ、痛みへの慣れ」なのです。

施術を経るごとに、痛みが軽減してくる方がいますが、それも単に「施術への慣れ、痛みへの慣れ」に過ぎません。決して、リンパの流れが良くなったから、痛みが軽減したというわけではありません。

どんなに施術をして効果が上がっても、痛いものは痛いのです。リンパへの施術とは言え、皮膚や筋肉を介しながら施術を行うわけです。要するに、そこから痛みが出るわけなのです。ですから、リンパどうこうで痛みが出ているわけではないということがお解かりでしょう?

施術する側としては、『痛み=リンパの流れが悪い』とすれば、患者さんに対し、説明しやすいですし、納得させる材料にはなるのかも知れませんが、むくみ等が改善されて施術効果があったと言えるのであって、施術の痛みが軽減されたから、症状が改善されたわけではないのです。

『リンパの流れが悪いから、リンパへの刺激で痛みが出る』 これは、本当のようですが、実は根拠のない話なのです。


リンパ療法院 クオリア