足や脚のリンパドレナージュ・リンパマッサージ


貴女のこんな足の悩みを解決します!

zentaiashi

↑ぷるぷる肌になれる秘密↑

足や脚の悩み

むくみ、冷え、重い、太い

足や脚のむくみ、脚が重い、足首が太い

● 脚、足は心臓から最も遠いから、重力の関係で水分が溜まりやすい
● それゆえ、血流が悪くなったり、むくみやすい
● 夕方になると足がパンパンになる
● 靴がきつい、靴下の跡が取れない、脚が重い、だるい、しびれる
当院のリンパドレナージュは、身体の余分な水分や老廃物を洗い流し、血流やリンパの流れを良くしますから、「キュッと締まったスッキリ脚」を手に入れることが出来ます。

冷え性、足先の冷え、足が冷たくて眠れない

● 「むくみ=水分」 だから「冷え」に繋がる
● 「むくむ⇒冷える⇒新陳代謝が低下⇒更にむくむ」
● このサイクルを断ち切ることが、「冷え」の改善に繋がる
● 足先が冷えてなかなか眠れない方は、靴下にも工夫を
● 足先のかいた汗が、更に足先を冷たくする

socks

【足先の冷えのワンポイント】 タイツをやめて、「レギンス+靴下」
靴下の下に「足の指先だけの5本指ソックス」を履いて、汗をかいたらこまめに5本指ソックスだけ履き替えると効果的です。

 

しっかり保温する、ストレスを溜めない、汗をかいたらこまめに変える、なども大切ですが、リンパドレナージュの施術で血流を促すことで症状の緩和に効果を上げています。体質そのものを改善して、『冷え症』『冷えのサイクル』から抜け出しましょう。 リンパ施術を受け続けると、身体が芯からぽかぽかと温まってくるようになります。

「足や脚の冷え」には、リンパドレナージュだけでなく、リフレクソロジー(足つぼ)も組み合わせると、さらに効果的! 当院の施術で、「ポカポカする脚」を目指しましょう!

【参考】レイノー状態について

主に膠原病が原因の「レイノー現象」は、寒冷刺激にさらされると、手先・足先にチアノーゼ(皮膚の色が紫色に変化する)が起こります。 薬物療法により血管拡張剤などが用いられることが多いですが、今のところ確立した治療法はありません。

かかとのガサガサ

● 女性の方に多く見られる
● 男性よりも女性は筋肉量が少なく、代謝が悪い
● 女性の方が血流が悪くなりやすいことが原因の一つ
● むくみは、最終的には皮膚の角化に繋がる(皮膚の色が変わり、硬くカチカチになってしまう)
● 皮膚の角化もガサガサの原因の一つ
● むくみの改善が、改善に繋がる

リンパの流れが良くなると、コラーゲンも増えて、肌が強くなるため、乾燥していた肌に「潤い」が戻ってきます。
日頃からリンパケアを行うことで、かかとのガサガサを軽減させることが出来ます。

セルライト、足が太い

● 溜まった老廃物の毒素を薄めるために、周りから水分が集まる
● 老廃物には脂肪に繋がる「脂肪酸」も含まれる
● 余分な脂肪酸はリンパに吸収される
● 放置すると、次第にセルライト(皮下脂肪の塊)になってしまう

リンパドレナージュは、新陳代謝を上げ、溜まった老廃物(主にアミノ酸や脂肪酸)も洗い流しますから、セルライトの予防にも効果的です。

足・脚(フット・レッグ)のリンパドレナージュ 施術のイメージ

大腿~足までの施術(深部リンパ)

はじめに、リンパ節に溜まったリンパを洗い流します。 やや深い位置にありますので、人によってはくすぐったかったり、痛い事もありますが、少しだけ我慢して下さいね。

 

大腿~足までの施術(浅部リンパ・仰向け)

仰向けの施術だけでも、かなりの効果があります。 浅部リンパの施術は、寝てしまうほど、気持ちがいいですよ。

 

 

大腿~足までの施術(浅部リンパ・うつぶせ)

うつ伏せの施術では、臀部の施術も行っていきます。 ここまでやると完璧ですね。

 

 

リフレクソロジー(希望者のみ)

足のむくみや冷えには、リフレを組み合わせると効果的です。
リフレに関しては、希望者にはアロマオイルを使った施術も行います。
(※写真の方は、靴下のまま施術を受けています。)

 

 

下肢(足、脚)のむくみの主な原因


下肢(足、脚)は心臓から遠いため、元々血流やリンパの流れが悪くなりやすい部位です。下肢(足、脚)のむくみは、主に重力によるものです。重力により、足の方に水分が滞留しやすいということもあり、女性を中心に足のむくみで悩む方は多いです。


1:重力によるもの
デスクワークや立ち仕事などで、あまり動くことなく、同じ姿勢を長時間続けたりすると、ふくらはぎの筋肉ポンプ作用が働かないので、血流やリンパが滞りやすくなり、むくみます。

2:靴や衣服によるもの
足を締め付けるような靴、極端にヒールの高い靴、脚の付け根を締め付けるような服は、下肢(足、脚)のむくみの原因となります。

3:ふくらはぎの筋力弱化
ふくらはぎの筋力が弱化する(老化など)と、筋肉のポンプ作用が弱まり、血流やリンパの流れが滞りやすくなります。男性に比べ、女性の方が筋力が弱いので、むくみやすい体質であると言えます。

4:栄養不足
カリウムやマグネシウムが不足すると浮腫む。これらには、体内のナトリウム(塩ですね)を水とともに排泄を促す働きがあります。

5:腎機能障害や肝臓、心臓の不調など
内臓に不調があって浮腫む可能性もありますので、原因不明の顔のむくみが長く続く時は検査をお勧めします。

6:生理やホルモン
女性に特に多いですが、生理や妊娠、出産などでのホルモンの影響によって、むくみが強く出ます。

7:その他
エアコンなどによる冷え、ストレス、睡眠不足も原因になります。

病気から来る下肢(足や脚)のむくみ

1:腎臓性浮腫
ネフローゼ症候群、急性糸球体腎炎、糖尿病性腎症

2:心臓性浮腫
慢性心不全、肺性心

3:肝臓性浮腫
肝硬変

4:内分泌性浮腫
甲状腺機能低下症

5:栄養障害性浮腫
メネトリエ病、蛋白漏出性胃腸症、ビタミンB1欠乏症

6:静脈性浮腫
静脈瘤、深部静脈血栓症

7:リンパ性浮腫
リンパ浮腫


8:その他
突発性浮腫、月経前緊張症、妊娠高血圧症候群、悪性腫瘍

片足のむくみ(局所性浮腫)は、静脈やリンパの流れが悪くなることで起こります。

(1)下肢静脈瘤・・・特に女性に多く、妊娠や出産をきっかけに出来ることが多いです。
血液が逆流することが原因。(逆流を防止する弁の機能が低下することが原因)
足のだるさ、むくみ、痒み、血管が浮き出るなどの症状が起こります。見た目は無症状でも、片足だけむくむ時は、この病気の可能性が高いと言えます。

(2)深部静脈血栓症・・・足の筋肉を長時間使わずにいると、深部静脈に血栓が出来やすくなります。
心臓に血液が戻れず、足に血が溜まる。急に片足だけむくんで、皮膚が赤っぽくなっていたら、なるべく早く血管外科の受診をしましょう。 この場合は、リンパドレナージュは行ってはいけません。

(3)リンパ浮腫・・・リンパ管の流れが悪くなることで起こります。原因不明で先天的なものを一次性リンパ浮腫、病気の手術などで原因が分かっているものを二次性リンパ浮腫と言います。癌の手術によるリンパ節の切除や放射線治療によって発症します。

両足のむくみは、内臓の病気や機能低下で起こることがあります。

(1)肝臓、腎臓の病気・・・血中のアルブミンというたんぱく質が低下すると、細胞間にある水分を血管に取り込むことが出来なくなり、水分が溜まりむくみに繋がります。アルブミンは肝臓で合成され、腎臓で濾過されます。
つまり、アルブミンが低下して足が浮腫んでいるという状態は、肝臓および腎臓でなんらかの障害がある可能性があります。 腎臓の機能が低下している場合、朝方に足がむくむ傾向があります。

(2)心臓の病気(心筋梗塞、弁膜症、心筋症、先天性心疾患など)・・・夕方に足のむくみや疲れがどっと出る場合、心臓が弱っている可能性があります。

(3)甲状腺機能低下症(橋本病など)・・・甲状腺機能が低下するとムコ多糖類という物質が皮下に溜まりやすくなり、手足が浮腫みます。 『粘液水腫』と言って、圧しても跡が残らない特徴的な浮腫みです。

(4)栄養障害性浮腫・・・メネトリエ病、タンパク漏出性胃腸症、ビタミンB1欠乏症など

下肢(足や脚)のむくみの解消法

身体の中で最もむくみやすい部位ですが、対処方法は色々とありますので、適切にケアをして辛いむくみとサヨナラしましょう。 日頃から長時間同じ姿勢を続けない。足に合った靴を選ぶ。塩分や糖分を摂りすぎないように心掛けることも大切です。

1:リンパドレナージュを受ける
リンパドレナージュは体質改善に効果あります。特に足のむくみには有効かつ即効性があるので、辛い足のむくみ症状を出来るだけ早く改善するのに適しています。

2:冷やさない、老廃物を溜めない
『老廃物のスムーズな排出』と『冷やさない』ことが大切です。水分を多めに摂り、利尿作用を高めて、スムーズに老廃物を排出することが出来る体質になりましょう。

3:セルフケアをする
簡単にできるセルフケアは、『ふくらはぎの筋肉マッサージ』です。
ふくらはぎの筋肉が働きますと、そのポンプ作用により、足に降りた血液を心臓に戻してくれます。ふくらはぎの軽いマッサージや、ウォーキングなどは、ふくらはぎの筋肉を伸び縮みさせますので、血流が良くなります。

また、ふくらはぎ周囲の皮膚が伸び縮みすると、リンパの還流も良くなります。足に溜まる水分が減り、むくみが解消するのです。

※ 一度むくむとクセになります。また、むくみは下半身太りや足首が太くなるなど、見た目にも影響することから、放置せずきちんとケアすることが大切です。

足・脚(フット・レッグ)のリンパドレナージュ よくある質問

施術は痛いでしょうか?
深部のリンパ節への施術は、指を深く押しますので、人によっては痛みを感じることもあるかも知れません。 施術のほとんどの時間は、寝てしまう方もいるほど、ソフトで気持ちのいい施術です。

靴下を履いたままでも受けられますか?
受けられます。当院の施術は、服を着たままでも受けることが出来ます。 脚を見せるのが恥ずかしい方も、オイルを使うのが苦手な方も、安心して受けられる施術です。


リンパ療法院 クオリア