リンパドレナージュ


リンパがつまるは間違い?リンパの流れが悪くなるとどうなるの?原因と対策

リンパがつまるとは?

マッサージやエステ、あるいはTV番組などで「リンパがつまってますね~」という言葉を耳にした事があるかと思います。

これは、本来流れていなければならないリンパ液が何らかの原因でつまってしまっています。大変ですよ、という営業文句です。こう聞くと、何か身体の中で大変な事が起きているかもしれない、と心配になりますよね。

正しく言うならば、「リンパの流れが悪くなっている」という事で、決してつまっているわけではありません。もし本当にリンパ管がつまってしまったら、リンパ浮腫などの疾病になってしまいます。

施術を受ける方の不安を煽るような言い方は本来すべきではないでしょう。とはいえ、つまってはいなくとも、流れの悪くなったリンパを放置するのは、健康上おすすめは出来ませんね。ではどうすれば良いのか?

まずは、リンパというものはいったい何なのか?簡単に説明したいと思います。

そもそもリンパって、何ですか?

lymphdayo

リンパと呼ばれるものは、下記の3つの総称です。

 

1:リンパ節
鎖骨の上や脇の下、脚のつけ根など関節を曲げた時に出来るしわの部分などに存在します。
主に免疫に関する働きをします。

2:リンパ管
皮下組織や内臓の周りなど、全身に網目状に存在したり、胸管のように集まったリンパ液を運ぶ管も存在します。リンパ節以外の管はリンパ管です。
老廃物を運ぶ下水道のような働きをします。

3:リンパ液
リンパ管の中を流れているのがリンパ液です。

これら、リンパ節、リンパ管、リンパ液の3つを合わせた総称がリンパ(リンパ組織)と言います。

いったい、リンパはどのような働きをしているのでしょう?

immunityリンパの働きは大きく分けて2つあります。 「免疫」と「排泄」です。

 

1:免疫
リンパ節には、フィルターとしての役割があり、身体に入ってきた細菌や老廃物を濾して、病気になるのを防いでいます。熱が出た時など、リンパ節が腫れることがあったと思います。リンパ節の中では、リンパ球が身体に入ってきた悪い菌と戦っているのです。ですから、リンパ節が腫れるのです。つまり、リンパ節の腫れは、身体の抵抗力が落ちているサインと言えるかも知れませんね。

そうして戦ったリンパ球は、その戦った細菌やウイルスの情報を記憶し、抗体を作ることで、次に同じ病原に侵された時に、身体を守っているのです。

2:排泄
血液が栄養や酸素などを運ぶのに対して、リンパは静脈で回収しきれなかった老廃物(脂肪酸など)や、余分な水分、身体に溜まった疲労物質(乳酸など)や毒素を運び、体外に排泄させる働きがあります。 ただ、リンパそのものは、血液が心臓や脚の筋肉のポンプ作用で勢いよく流れるのとは異なり、極めてゆったりとした流れです。自発的な流れが良くない人も多くいます。そういう方の多くはむくみとして症状に表れます。

もともと、リンパ組織は血管と直接繋がっているわけではなく、心臓に近いところの静脈で再び血管に繋がり、最終的にそれらは腎臓へ運ばれ、尿として対外に排泄されていきます。

リンパの流れが悪くなるとどうなるのでしょう?

身体にとって、不要な老廃物や毒素がうまく排出されないと様々な不調に繋がります。

足のむくみ、全身のむくみ

疲れやすい、疲れが抜けない

自律神経の乱れ、不眠、めまい、動悸

冷え症が改善しない

むくみや冷えなどは良く知られていますが、肩こりや腰痛、疲れが取れないなどの症状も多く見られます。夜、なかなか眠れない、めまいがする、動悸がするなどの、自律神経系にも影響を与えます。
また、免疫力が低下しますので、風邪をひきやすくなったり、傷がなかなか治らないという状態にも繋がってきます。
※ こんな症状におススメです。是非、こちらをご覧下さい。

なぜ、リンパの流れが悪くなるのでしょう?

リンパの流れが悪くなるのには、いくつかの理由が考えられます。

1:運動不足
筋肉が酸素を必要としないので、血液やリンパの循環が悪くなり、リンパ管にも圧力が掛からないので、リンパの流れが滞ってしまいます。
特に、ずっと同じ姿勢でいたり、長時間の立ち仕事やデスクワークなどの時は、足がむくむなどの症状が出やすくなってしまいます。

2:ストレス
リンパの流れは、身体を休めるための自律神経である副交感神経によって支配されています。 ストレスは、リンパの流れに関係する自律神経に大きく影響します。
ストレスが掛かると、筋肉が緊張してリンパの流れが悪くなるだけでなく、副腎からストレスに対抗するためのホルモンが出て、免疫に関係するリンパ球の働きまでも弱めてしまいます。

3:冷え
血液とリンパは、互いに影響し合っています。身体が冷えると、抹消の血管が収縮し、それに伴ってリンパの流れも滞ってしまいます。

4:加齢
加齢が進むと、少し皮膚がたるみがちになります。リンパは実際にはリンファンジオンと呼ばれる、ゆったりとした波のような皮膚の動きで流れます。この皮膚が、伸びきったままになった場合、必然的にリンパの流れは悪くなるのです。

日頃、リンパの流れを良くするために出来ること

施術の効果を長持ちさせ、より早い改善のためにも日頃のセルフケアはとても有効です。

sassi2当院では初めてリンパドレナージュを受けられた方に、オリジナルの小冊子をお渡しするとともに、ご自宅で出来るセルフケア指導を行っています。

ここでは小冊子には、説明を載せきれない、食べ物のことやお風呂のことなどを説明しますね。

 

食べ物と水のお話

バランスの良い食事でリンパを流そう


バランスの良い食事や、充分な水分摂取が健康な身体を作り、血流やリンパの流れも促してくれます。
こうしなければならない…と意気込まず、基本的な知識を知った上で、簡単に実行出来ることを細く長く続けましょう。

ここでは水分と基本的な栄養素についての話をしたいと思います。是非参考にしてみてください。

 

リンパを流すには質の良い水が必要

リンパの流れを良くする為には水分は不可欠。綺麗なお水で、からだに溜まった老廃物や毒素を洗い流すことがリンパの流れを良くし、むくみなども改善します。

水や白湯、またはカフェインの入っていないお茶などがお薦めです。
特に温かい飲み物はからだを温める効果もあり、体温が上昇して更にリンパが流れやすくなります。

コーヒー、緑茶、ウーロン茶、紅茶などはカフェインが含まれるため、多量に摂取してしまうと逆に流れを悪くする可能性があるため注意が必要です。

カフェインは交感神経を刺激して、毛細血管をキュッと縮めてしまうため、血流やリンパの流れを滞らせる働きをしてしまうのです。

3大栄養素とは?


炭水化物
エネルギー源になります。穀類、果物、砂糖など。
人間が必要とする総エネルギーのうち50~70%を炭水化物で占めることが望ましいとされています。

 

このところ炭水化物抜きダイエットなどがブームでしたが、炭水化物を主食とする民族に比べ、炭水化物をほとんど摂らない民族は短命であるというデータがあります。また、炭水化物の最小単位であるブドウ糖は脳の唯一の栄養であると言われています。頭を使うと甘いものが食べたくなるというのも理にかなっていますね。


たんぱく質
皮膚、筋肉、骨、内臓、血液、リンパ液、ホルモンなど、身体を作る栄養素です。

 

このたんぱく質を構成しているのは20種類のアミノ酸です。うち9種類は必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成することができないため、食事から摂る必要があります。必須アミノ酸は大豆や肉類にバランス良く含まれます。エネルギー源ともなるため、身体を使うアスリートなどはこれらのアミノ酸を効率良く摂ることが筋肉の疲労を減らして素晴らしいパフォーマンスに繋がります。


脂質
エネルギー源になります。内臓や肌の潤いを保護する働きもあります。

 

なるべく質の良い脂質を摂ることが大切です。動物性の脂質は飽和脂肪酸と呼ばれ、摂りすぎると生活習慣病に繋がるので注意が必要です。ラード、バター、生クリームなどがそれにあたります。

植物性の脂質は不飽和脂肪酸と呼ばれ、美容と健康に良い質の良いものが沢山あります。特にお薦めなのはオリーブ油、アボカド、ナッツ類などがそれにあたります。
豊富に含まれるオレイン酸の働きで、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを退治します。血液がサラサラになるとともに、リンパの流れも良くなり、肌の潤いや艶もUP!積極的に摂りたいところですね。

ただ、そうは言っても油であることには変わらないので、摂りすぎればカロリーオーバーとなって肥満に繋がります。何事もほどほどが大切ということですね。

このほか、ビタミン、ミネラルを足して5大栄養素。さらに水分、食物繊維を足して7大栄養素と呼ばれています。ビタミンやミネラルは身体の調子を整え、水分や食物繊維は栄養や老廃物などの運搬に関わります。 どれも欠くことの出来ない大切な栄養素ですが、ミネラルの中のカリウムとナトリウムのバランスはリンパの流れにも大きく関係します。ここではカリウムナトリウムについて少し触れておきます。

ナトリウムとカリウムのお話


カリウム
摂りすぎた塩分を体外に排出させます。不足すると疲れやすくなります。
野菜、果物、豆類に多く含まれます。

 


ナトリウム
過剰に摂取すると血圧の上昇、むくみに繋がります。
不足すると疲れやすく、食欲減退が起こります。
食塩、味噌、醤油、漬物、加工肉、魚類練製品などに多く含まれます。

 

身体のカリウムとナトリウムのバランスは常に一定に保たれていますが、何らかの原因でバランスが崩れるとむくみ痙攣などに繋がります。血流やリンパの流れも滞りやすくなります。

現代人の食生活は野菜不足、塩分の摂りすぎが問題視されています。塩分の摂りすぎは高血圧につながり、放置すると血管に負担がかかり、動脈硬化の進行の要因になるため、注意が必要です。
日頃から塩分少なめを心掛け、摂りすぎた塩分を排出してくれる野菜や果物を積極的に摂りましょう。

お風呂のお話

入浴のススメ

入浴はリンパの流れを良くするためにとても有効です。

また、発汗作用により、疲労回復、痩身効果、美容効果、質の良い睡眠誘発効果など、様々な嬉しい作用が期待できます。

 

「むくみと冷えの関係」のページでもお話ししましたが、身体を冷えから守ることが重要です。

38度~40度のゆるめのお湯に20~30分、42度ならば10分程度入ることで体温が1度上昇すると言われています。

体温が上昇すると血流やリンパの流れが良くなることはもちろん、身体の免疫力も上がります。これは身体のダメージを修復する作用のあるたんぱく質「ヒートショックプロテイン」が増えるからです。

夏場はついシャワーで済ませてしまいがちですが、特に冷え性の方には入浴をおすすめします。 バスタブにゆったりと浸かって、リンパのセルフケア(*施術後に指導しています)をすればさらに効果的! 美しさと健康を保つために、是非習慣にしてくださいね!

入浴を効果的に楽しむために

自分の好きな入浴剤やアロマオイルを使うのがおすすめです。
入浴剤は市販のものでも、最近は色々と面白いものが出回っていますね。
手軽に経済的に利用できるものから、ちょっとお値段は張りますが、プレゼントにも出来るようなカラフルで楽しいバスボムなどなど。また、自分の好きなアロマオイルをバスタブに数滴垂らして入浴するのも手軽です。
おススメはラベンダーとレモン、オレンジなどの柑橘系を組み合わせたり、ローズウッドなどの柔らかい優しい香り。 夏場はミント系の爽やかなものをプラスしても良いですね。

好きな香りに包まれていると心身ともにリラックスしてくるのを感じます。リラックスすると副交感神経が優位になり、リンパの流れも促進されます。

 

【アロマオイルの使い方】
アロマオイルを使用する時はなるべく純度の高い質の良いものを使うようにしましょう(ただし、入れすぎないように注意しましょう)。純度の高いものは、少量で値段も高いですが、使用する量はほんの数滴で十分。身体にも良いですし、むしろ経済的です。

それから、オイルですので、お湯の表面にオイルが浮いたままになります。直接肌にふれないよう、良くかき混ぜて! 出来ればバスソルトなど(なければ普通の塩でも大丈夫)も一緒に入れると良いでしょう。

使用量の目安は、バスソルト大さじ2~5、アロマオイル2~5滴。肌の弱い人は直接入れず、キャリアオイル5ml、牛乳30ml、はちみつ10mlなどにオイルを溶かして入れることをお薦めします。

【使用上の注意点】
● 個人差はありますが、オイルの種類によっては刺激になることがあります。チクチク感じるものは残念ながら合わないので避けるようにしましょう。はじめは少量で試し、様子をみながら量を増やしてください。
● 3歳未満の幼児には使用しないようにしましょう。
● 残り湯は洗濯に使用出来ません。

リンパ療法院 クオリア


当院独自のリンパ、フェイシャル施術の特徴&流れと注意点

当院のリンパドレナージュ&フェイシャルの特徴=5つのメリット

メリット1 痛くないリンパドレナージュ

クオリアではヴォッダー式リンパドレナージュを採用しております。オイルやクリーム、マシンなどは一切使わず、全てリンパ療法士の手技により施術して行きます。

施術の始めと終わりに身体の深いところにあるリンパ節「深部リンパ」を押しますので、人によっては少し痛みやくすぐったさを感じるかもしれませんが、それ以外の90%は皮膚の表面「浅部リンパ」を優しくなでるような大変気持ちの良い施術です。

 

あまりの気持ち良さに、ほとんどの方が眠ってしまうほどです。
他店でリンパドレナージュを受けて、施術の最初から最後まで、脚や顔を強くゴリゴリやられて痛かったので、もう二度と受けたくないという方が、結構いらっしゃいますが、当院の施術ではそのような心配はございません。

 
【当院のメディカルリンパドレナージュ】
● 痛くないからリラックス出来る→副交感神経が優位に→リンパの流れが良くなる
● やさしい施術で、リンパ組織を壊さない!
● 医療やスポーツの現場で、プロが実際に使う、医学的根拠に基づく手法
● 美容系のリンパサロンとは一線を画す内容

メリット2 体質から改善されるリンパドレナージュ

【細胞レベルで変わる 肌の内側から変わるリンパドレナージュ】
● 溜まった老廃物や毒素をデトックス!辛い「むくみ・冷え症」も克服!
● 人の手による高度な技術で、コラーゲンを活性化!新陳代謝もUP!
● 代謝も上がって、免疫力もUP!ダイエット効果もUP!
● オイルもパックもしないのに、肌の保水力が上がり、モチモチ肌に!
● 肌にハリや弾力が復活!つまり、肌が若返る!
● アトピーの改善にも効果的!(個人差はあります)

当院では、お肌に必要な成分をお肌の外側から塗ったりして補うのではなく、自分の身体の中からお肌の再生力や新陳代謝を蘇らせることに重点を置いています。

 


メリット3 効果が持続するリンパドレナージュ

施術がどんなに気持ちが良くても、一時的に改善しても、すぐに元に戻ってしまうのでは意味がありません。

クオリアでは、お一人お一人に合わせた施術で身体の中から変えて行きます。不快症状を取り除き、本来持っている細胞の力を引き出す。そんな施術を提供しています。

※体質を変えてゆくためにはある程度継続して通って頂く必要はあります。詳しくはこちら

 

【体質から変わるから効果が続くリンパドレナージュ】
● 疲れを取るだけでなく、疲れにくい身体をつくる
● むくみや冷えを取るだけでなく、むくみにくい冷えにくい身体をつくる
● 免疫力が上がって病気にかかりにくくなる
● 医学的根拠に基づいた手法で正しくアプローチ
● ひとりひとりに合わせて施術をカスタマイズ
● 自宅で出来るセルフケアを指導

メリット4 服を着たまま受けられるリンパドレナージュ

本当にリラックスした状態で受けて頂けるリンパドレナージュです。
着衣のままだからそのまま眠ってしまっても安心です。

副交感神経に100%支配されているリンパは、真にリラックスした状態でこそ流れが良くなるのです。

 

【気軽に安心して受けて頂けるよう配慮しています】
● 肌を過剰に露出する必要がないから安心
● リラックスして施術を受けることができる
● もちろん下着もつけたままでOK
● 時間的ロスが少ないから、その分たっぷり施術に時間をかけられる

メリット5 オイルを使わないリンパドレナージュ

【医療現場で実際に使われている、本来のリンパドレナージュ】
● オイルやパウダー、クリームが苦手な方でも安心
● 手だけの施術で肌の内側から変わる実感が得られる
● マツエクが取れにくい
● 施術後、すぐに外出できる
● 肌荒れのリスクが小さい(※注 ただし、老廃物の多い方やアトピー体質の方は、リンパ節沿いに「一時的に肌荒れが悪化する」ことも御座いますので、その点はご留意下さい)

(※)メイクをしたまま施術を受けて頂けます。 お化粧を落とさずに施術が受けられます。効果に差はありませんが多少お化粧(特に眉)が落ちるかもしれません。化粧直しをされる方は、メイク道具をご持参下さいね。

(※)プチリフレに限り、ご希望によりオイルを使う事もあります。

 

施術を受ける前に必ずご確認下さい

【必読】以下の方は症状の悪化や、身体に負担が掛かったり健康を害する恐れがあるため、施術はご遠慮ください。

【以下の方は、施術可能ですが、注意して下さい】
● 喘息のある方(症状が一時的に悪化する可能性が高いです)
● 生理中(量が増える可能性が高いです)
● 低血圧(最高血圧が70~80程)
● 熱が出ている方
● 甲状腺機能亢進症、バセドウ病
● 体内に金属が入っている方
● 自己免疫性疾患(※)
(※)リウマチの方は、痛みの軽減や症状の悪化を食い止める臨床結果もあります。

【注意】 施術後に一時的に肌荒れを起こすことがあります

【一時的に肌荒れが悪化する方もいます】
リンパドレナージュでは、肌荒れの改善が期待できますが、特にアトピーなどですでに肌荒れが進んだ方の場合、施術後に逆に一時的に肌荒れが悪化するといったケースが多く見られます。(老廃物が表層に表れてくるため)
施術を重ねるに従い、リンパも正常に流れていく状態に近づきますから、こういった施術後の肌荒れも楽になってくるでしょう。 ですから、一時的に肌荒れが酷くなった方は、それは逆に施術効果が出ている証とも言えますので、ご安心下さい。

リンパドレナージュ・フェイシャル(美顔リフトアップ) 施術の流れ

チェックシートへの記入~着替え

始めにリンパドレナージュを受けるにあたって、改善したい症状などをチェック形式で記入して頂きます。

 

%e7%9d%80%e6%9b%bf%e3%81%882当店のリンパドレナージュは服を着たまま受けられます。

【お着替えをご持参される方へ】
● 上は襟やボタン、飾りのついていないもの
● 下は裾が太ももまで上げられる薄手の柔らかい素材のパンツ
● 上下ともつるつるした滑る素材は避けて下さい。

※フェイシャルのみの施術の場合は、着替えの必要はありません。ただお化粧は取れてしまうことがありますので、メイク道具をお持ち下さると安心です。

 

問診

「どこが気になりますか?」 「どこを重点的に流しますか?」 お話を伺った上で、あなたにとって最適な施術を提案します。

(施術時間によっては、全てのご希望には添いかねる場合もありますのでご了承下さい。)

 

施術

最初に深い部分のリンパをしっかりした圧で押していきます。 人によっては、多少くすぐったかったり、痛かったりするかも知れません。

リンパを流しこむ場所をまずクリアにしなければなりませんので、少しの間だけ我慢して下さいね。

 

 

深い部分の施術のあとは、浅い部分のリンパを流していきます。弓を引いて放す様な優しい施術です。 痛みは全くありませんのでご安心ください。 (※ 実際の施術ではマスクをしながら行います。)

セルフケアのアドバイス

施術後は、施術の効果を少しでも維持していただくために、セルフケアのアドバイスをします。

 

初めての方には、「読んで施術効果UP!オリジナルの小冊子」もプレゼントします。

 

施術後は水分をよく摂りましょうね。(女性セラピストが担当した場合、ハーブティーサービスもあります。)

 

お疲れ様でした

施術後は、身体がだるくなったり、トイレが近くなることがありますので、水分を多めに摂って、なるべく安静して下さいね。 お疲れ様でした。

 

リンパドレナージュ・フェイシャル(美顔リフトアップ)には、こんな効果があります

むくみ、冷え性、免疫力向上、肌荒れ、小顔、たるみ、しわ、くすみ、アトピー、ダイエット促進効果(スリムダウン)、アンチエイジング効果、デトックス(解毒効果)、新陳代謝向上、スポーツ後の筋肉疲労軽減、脚の疲れやだるさ、リラックス効果、にきびなど
> 詳しくはこちらをご覧下さい

よくある質問

どのくらいの間隔で通えば効果がありますか?

1週間に60分のケアで、あなたの身体が軽くなり、生活の質が大きく変わります。
リンパドレナージュは、施術の特性上、一度の施術だけで持続的な効果をもたらすような施術ではありません。初めのうちは、元に戻りやすいと思います。

セルフケア等もアドバイスしますが、ご自身で老廃物を体外に排出させるには限界があります。ある程度のケアはご自身でも出来るかも知れませんが、背中側のケアはご自身の手では届かない部分でもあります。

身体の専門家による集中的な施術をすることで、極めて高い効果を維持することができます。
目安としては週に1~2回程度が理想的ではありますが、実際に通って下さっている方々の多くは、2週間に1回のペースでうまく身体の状態を作っています。

化粧品などを購入する必要はありますか?

ありません。クオリアのリンパドレナージュはオイルを始めとする一切の化粧品を使用しませんので、施術代以外の費用はかかりません。

理想的な施術の頻度について

wall2リンパの流れは、自律神経によって100%支配されています。
自律神経は、自分の意志だけではなかなかコントロール出来ません。リンパの流れが自発的に促されるまでには、ある程度定期的なケアというものが必要になってきます。

 

当院がおすすめしている施術頻度は、下のような流れです。
顔の筋肉が引き締まった状態を早く作るために、特に初めのうちは、集中して施術を行うことが重要になります。

開始から2週間 週1~2回の集中ケア
その後1か月間 週1回のケア
その後さらに1か月間 2週間に1回のケア
状態を良好に維持するために 月1~2回程度の定期ケア

ある程度、自発的なリンパの流れができる状態になるまでに、少なくとも2~3ヵ月程度は掛かると見てください。(皮膚のテンションが強い、弱いなど個人差はあります)
間隔をあけても状態が維持が出来るようになってきたら、月に1~2回程度の定期ケアを継続するだけで、いつも良い状態を保つことが出来ます。回数券も用意しておりますので、ご利用頂ければと思います。※もちろん、上記の施術間隔は理想であって、強制されることはありませんので、ご安心下さい。多くの方は、ひと月に1~2回程度のペースで来られています。

> 施術が受けたくなる!細胞レベルで変わるリンパドレナージュ

【ミニコラム】 顔の骨格矯正(小顔矯正)を行わない理由

当院の美顔リフトアップは、顔の表情筋に対して直接作用させる施術です。表情筋の筋力そのものが落ちている場合、効果として現れるまでに、少し時間が掛かるかも知れません。

しばしば、エステサロンで小顔骨格矯正というものがありますが、当院では、人体の解剖と生理の観点から、そのような施術は行っておりません。
zugai

ほとんどの人は、気づいていないと思いますが、頭蓋骨は23枚の骨で出来ていて、実はゆっくりと膨らんだり、縮んだりしています。

頭蓋骨の複雑に入り組んだ縫合(かみ合わせ)があるのは、神経の流れに関係する脳脊髄液の循環のために、頭蓋骨が膨らんだり、閉じたりする必要があるからです。

ですから、頭蓋骨の縫合(かみ合わせ)は、少し動くだけのゆとりを保たねばなりません。これをぎゅうぎゅう閉じてしまうと、頭蓋骨が膨らまなくなり、頭蓋内の圧力が高まり、頭痛が酷くなったりと様々な悪影響が出る可能性があるのです。

 

リンパ療法院 クオリア


痛くないリンパ施術こそ効果を発揮するという事実!ーぷるぷる肌になる秘密

細胞レベルで美肌に変わる施術の理由とは?

まずは、お肌の構造を知りましょう

rouhaibutsu2皮膚の構造は三層からなっています。

表層から順に・・・
「表皮」
「真皮」(皮下2~4mmに存在)
「皮下組織」 です。

 

『真皮層』は皮膚の表面のすぐ下に存在します。しかもその厚さは2mmという薄さです。驚きですね!ここに、リンパ組織が存在しているのです。

「真皮」の70%がコラーゲン線維なのですが、リンパ組織は、コラーゲン線維に支えられているのです。(ここ重要!)

それでは、「真皮」をもう少し拡大してみましょう。

むくみや新陳代謝が改善される理由とは?(デトックス出来る仕組み)

rouhaibutsu1

「真皮」を拡大した絵です。
茶色い老廃物をパクパクと食べているのが、「リンパ管」です。

 

このように、リンパ管はコラーゲン線維に固定されているのですが、皮膚がゆるやかに伸びたり縮んだりすると、コラーゲン線維によってリンパ管は軽く引っ張られます。この時に、リンパ管の入口が開くので、老廃物を取り込み、むくみの改善やデトックス効果が得られるのです。

 

肌に潤いが出て来る理由とは? ~コラーゲンの活性化の理由~

kola1

「コラーゲン」を拡大したイメージです。上の絵で、リンパ管を支えていたコラーゲン線維です。

コラーゲンの結合組織は、弾性に富んでいて、保湿力がとても高いことで知られていますが、コラーゲンは、肌の「真皮」に多く存在しているのですね。

コラーゲンが施術により活性化するのは、施術の仕方が大きなカギになります。では、具体的な施術の仕方をご説明しましょう。

 

「ぎゅ~っ」と、強い力で施術してしまうと・・・

gorigori

「施術が痛かったのは、リンパが詰まっていたから」と誤解される事があります。軟部組織を介して施術を行いますので、深部リンパを施術した際には、多少痛みを伴う方もいらっしゃいます。

ただ、最初から最後まで痛みを伴うような施術は、リンパドレナージュではなく、それはただの筋膜マッサージですね。

 

kola2

浅部リンパを強い力で施術をすると、コラーゲンは引きちぎられるように壊れてしまいます。
折角施術をしてもらったのに、これではしわやたるみの原因になってしまいます。
痛みを我慢して施術を受けても全く意味がないどころか完全に逆効果です。

 

もちろん、壊れた組織は再生しますが、修復までに3週間程度掛かります。加齢により組織の再生力が落ちている方などは、肌のハリ感が戻らなくなることもあります。

siwasiwa × コラーゲン線維がちぎられるので、皮膚が固定できなくなる
→ 肌がたるむ → リンパ管のふたが開けられなくなり、新陳代謝が落ちる

× 老廃物の行き場がなくなる(リンパ組織の破壊)
→ しみができる、むくむ

このような施術はリンパの流れ自体が悪くなり、お肌のトラブルの他にもデメリットが多くお勧め出来ません。

 

適切な力で施術すると・・・(クオリアにおける施術)

softtouch

当院で行う施術は、極めてソフトタッチで行います。人によっては、少し物足りなく感じるかも知れませんが、本当にお肌を大切に扱うからこそ高い効果が得られるのです。

実際に施術を受けられた皆さまからは、痛くないから眠ってしまうほど気持ちが良いと大変ご好評頂いております。

 

kola3

ゆっくりと適切な力加減でコラーゲンを伸縮させると、そのコラーゲンの結合組織の隙間に、組織間隙からムコ多糖類などの粘り気のあるゲル状物質が吸い寄せられ、コラーゲンやエラスチンをより強いものに変えるのです。

これこそがお肌をもちもちぷるぷるに変える秘密なのです。

 

だから、クオリアの施術は、細胞レベルでキレイになれます!

当院の施術では、美しく健康な肌を作る「コラーゲン」を壊すことがありません。 施術後は肌が柔らかくもちもちしてきます。(感じ方に個人差はあります)肌のハリを取り戻すことで、リンパの流れはより良くなってきます。

purupuru コラーゲン線維を壊さないように、絶妙な力加減で施術を行うと・・・

◎ リンパ管への老廃物の吸収を促すことが出来る
→ むくみやくすみやしみが改善される → 脂肪酸の吸収が促進され、太りにくくなる

◎ ソフトタッチで、毛細血管を壊さずに施術できる
→ しみ(肝斑)や炎症が起こらない

◎ さらに、コラーゲン線維も活性化することが出来る
→ 肌にハリやつやが出てくる → 細胞レベルで変化を実感できる!

 

アトピー施術前

 

after アトピー10回施術後 (施術効果には個人差があります)

 

あなたの身体の内側からキレイになろうとする力が湧きだしてきます。 是非、当院のリンパドレナージュをお試しいただきたいと思います。

顔の施術の実例~肌質改善と小顔効果

face11(左から施術前→2か月後)

 

face13 (左から施術前→5か月後)

 

(左から施術前→初回施術後→2回目施術後)

 

face15

(左から施術前→2回目施術後)

 

face12 (左から施術前→2か月後)

 

写真で見る以上に、実際に手で顔を触った時の肌の質感の違いに驚かれる方が多いです。この感覚は、受けた方にしかわかりません。

頬のたるみ、ほうれい線などしわの改善、肌のもちもち感は比較的すぐに実感できるでしょう。また、むくみが取れるので顔が引き締まり、小顔効果も期待できます♪


リンパ療法院 クオリア


むくみ・冷え症・慢性疲労・眼の疲れ・便秘・肌荒れ・アトピー・ダイエットに効果があります

リンパの流れが良くなると、良いことが沢山あります♪

1:様々な体調不良の解消
むくみや冷え、肉体疲労からくる腰痛や首、肩こり、頭痛、目の疲れ、さらには便秘症状の緩和などに。

2:免疫力・抵抗力がUP!!
リンパドレナージュを行うと、血液中のリンパ球が増加する事が医学的に確認されています。病気にかかりにくく、傷の回復も早くなります。

3:美肌、アンチエイジング効果
リンパドレナージュは老廃物を除き、真皮に存在するコラーゲンを活性化させます。全身のお肌が身体の内側からリフレッシュされて、若さを保つことができます。

4:ダイエット効果
リンパドレナージュを行うと血液やリンパの循環が良くなり、体温が上昇して基礎代謝が上がり痩せやすくなります。体温が1℃上昇すると、基礎代謝は13%UPすると言われています。
また、老廃物と一緒に脂肪酸も流されるのでより高い効果が期待出来ます。

5:心身ともに健康に
リンパは自律神経である副交感神経に100%支配されています。ストレスなどで緊張、興奮状態が続くと副交感神経がうまく働かなくなり、様々な不調に繋がります。リンパドレナージュを行うと副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスした状態になり、自律神経が整ってきます。身体が変われば心も変わります。
リンパドレナージュでストレスから引き起こされる病などにも対抗出来る身体作りをしましょう。

どのような効果が期待できるのでしょう?

むくみ・冷え性(冷え症)の改善に

現代社会では、これらの症状を抱えている方が増えています。座りっぱなしでのデスクワーク、ショップなどの立ち仕事など、一つの姿勢で長時間仕事をしていることが多く、また、重力の関係で体液が手先や足先に集まってしまいます。これがむくみの原因に繋がってきます。

 

本来は筋肉の働きなどで還流が促されるのですが、特に女性の場合、筋肉そのものが少ないので、こういう体質になりやすいようです。

また、体液は水分ですから、身体を冷やしてしまいます。水を温めるには、それなりのエネルギーを必要としますが、冷める分にはエネルギーは必要ありません。ゆえに、むくみを抱えている方は、冷えにもなりやすい体質と言えるのです。

リンパドレナージュは、その水分を洗い流すので、むくみや冷えを改善する最適なトリートメントと言えますね。

肩こり・腰痛、首や背中の張りの軽減、肉体疲労の軽減(スポーツケア)

肉体疲労やストレスで身体に不要な老廃物や疲労物質がうまく流れないことで、肩こりなどの症状が起こることがあります。
この場合、揉んだり普通にマッサージするだけではリンパは流れないので、症状は改善しません。揉みほぐしは一時的にスッキリしたように感じますが、すぐに元に戻ってしまいます。

いつも肩、首、背中が凝っている、腰が痛い、寝ても疲れが取れないという症状が続く時、リンパの流れを正常に戻すことにより改善される場合があります。

 

また、仕事やスポーツなどで筋肉を使うと、乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まって、痛みが出たりします。 筋肉を使った後のトリートメントとして、リンパドレナージュを行なうと、筋肉に溜まった乳酸を効果的に洗い流すことができます。

 

風邪や病気に強い、抵抗力のある身体に

リンパの働きの一つ、免疫機能を高めましょう。

リンパ管やリンパ節がうまく機能していないと次第に免疫力が低下して、病気にかかり易くなってしまいます。 リンパ節で、身体に入ってきたウィルスや細菌との戦いに勝つためには、リンパの流れを正常に保つことが大切です。

 

リラックス効果

リンパ組織は、基本的に身体を休めるための自律神経である副交感神経が支配しています。施術中、心地よい眠気が来ることがありますが、それはあなたのリンパ組織が活性していることの証です。
逆に言えば、心身共にリラックスした状態でなければ、リンパの流れが滞ってしまうのです。普段の生活の中でも、自分だけのリラックスタイムを作ってあげることを心掛けるだけでも違ってきます。

 

便秘解消・デトックス(解毒効果)

一般的に女性に多い便秘。生活習慣の問題だけでなく、生理の影響もあります。 排卵後~月経前に分泌される「黄体ホルモン」には、腸の押し出す力を低下させる働きがあります。 また、女性の場合は、腹筋が男性よりも弱かったり、さらには無理なダイエットをしたりと、便秘が女性に多いのは、このような理由があるのです。
一般的なデトックスと呼ばれているものは、サプリメントなどを併用するところが多いですが、当院のリンパドレナージュではそれを必要としません。

施術後はトイレが近くなることが多く見られます。便秘解消には最適な施術かも知れません。(おなかのビッグウェーブが襲うことも。。。)

 

肌荒れ・にきび・アトピーの改善に

当院のリンパドレナージュでのUさんのアトピー改善例
アトピー施術前施術前

 

アトピー10回施術後10回施術後
※効果には個人差があります。

 

当院のリンパドレナージュでのKさんのアトピー改善例

施術前

 

after10回後(途中経過)
※効果には個人差があります。

 

リンパドレナージュにはコラーゲン生成を促し、皮下の栄養を高める事で皮脂の分泌を適切に促す作用があります。

また、自律神経的な観点から言えば、ストレスがたまって、交感神経が高ぶった状態では、免疫システムの中で、全身性に顆粒球過多の状態になり、体の常在菌との反応で化膿性の炎症を引き起こしやすくなります。

特に肌は外界の環境から体内環境を守っているので、常にウイルスや細菌などの脅威にさらされています。それゆえに、常にストレスを抱えた状態に置かれると、肌荒れやにきびを起こしやすい状態になります。

リンパドレナージュには、身体をリラックスさせる効果もありますので、肌荒れの方には最適なケアと言えますね。 また、当院のリンパドレナージュではオイルを使いません。オイルが合わないという方にも安心な施術です。

【注意】 ただし、老廃物が溜まっている方などは、一時的にリンパ節に沿って、症状(肌荒れ)が悪化することがあります。これは、老廃物が吹き出ることによる反応によるものです。回を重ねると、リンパの流れもスムーズになり、そういった症状は治まる傾向にあります。

スリムダウン効果(ダイエット効果)

部分痩せやダイエット効果も期待できます。 ただし、リンパを洗い流すということでの一時的に体重減少に繋がる事はありますが、やはり限度があります。
※この下に、J.Mさんの1年間のサイズダウンの記録の例を載せました。

 

痩せるか、痩せないか・・・

「体重減少」という意味では、△
「細くなる」という意味では、○

リンパドレナージュで、むくみなどが解消されるとサイズダウン効果が望めます。しかし、年齢、部位、皮膚の状態など人によって異なりますので、一律にこういった効果が出ますということを約束できるものではありません。

リンパドレナージュには、脂肪につながる脂肪酸の排泄を促す効果がありますので、太りにくい体質を作ることが出来ますので、そういう観点で受けられると良いと思います。

J.Mさんの1年間のサイズダウンの記録

monjun

こちらの感想を書いて下さったJ.Mさんの1年間のサイズダウンの記録です。

特に食事制限などは行っておりません。リンパドレナージュのみでの効果です。1年掛けてですので、健康的に減っていますね。(効果には個人差があります)

 

ヒップは、着衣の上から計測した関係上、多少数値の誤差があると思います。(現在は、ヒップの計測は行っておりません。)

 


大腿部は、左右それぞれ増減を繰り返しながらも、右肩下がりで減っていますね。一時的に増えたりすると、ショックがあるのですが、どの方も概ねこのような減り方をします。

ふくらはぎは、周囲が少ない分、ある程度のところで下げ止まりが起こりやすいですね。もう少し行けるかと思いましたが、これが限界値かも知れませんね。 しかし、施術を始めてから、計測開始時の値に戻っていることが殆どありませんね。極めて順調に推移した例だと思います。

【コラム】 リンパの流れが悪いと、施術が痛いって本当?

当院の施術は、治療系のリンパドレナージュなのですが、深部リンパへの刺激の際に、悲鳴をあげるほどの強い痛みを感じる人がいます。

もしかしたら、一度は聞いた事があるかも知れません。 「リンパの流れが詰まっている人は、リンパへの刺激で痛みがある」

しかし、これには明確な根拠がありません。なぜなら、指がめり込むほどのむくみがあるにも関わらず、深部リンパへの施術で大して痛みを感じない方もいますし、その逆で、明らかに施術効果が出ているにも関わらず、深部リンパへの刺激で痛みが変わらないという方がほとんどだからです。

深部リンパへの刺激は、かなり指をめり込ませるような強い施術になりますので、リンパの詰まりどうこうではなく、むしろ痛みを感じて当たり前とも言えます。毎回、深部リンパへの刺激で、のた打ち回るほど痛みを感じる方がいらっしゃるのですが、施術の覚悟を決めるために、御自身でいつも痛みを感じる深部リンパの箇所を毎日押していたそうです。そうしたら、施術での痛みが変わったのです。

そうです。要するに、「施術への慣れ、痛みへの慣れ」なのです。

施術を経るごとに、痛みが軽減してくる方がいますが、それも単に「施術への慣れ、痛みへの慣れ」に過ぎません。決して、リンパの流れが良くなったから、痛みが軽減したというわけではありません。

どんなに施術をして効果が上がっても、痛いものは痛いのです。リンパへの施術とは言え、皮膚や筋肉を介しながら施術を行うわけです。要するに、そこから痛みが出るわけなのです。ですから、リンパどうこうで痛みが出ているわけではないということがお解かりでしょう?

施術する側としては、『痛み=リンパの流れが悪い』とすれば、患者さんに対し、説明しやすいですし、納得させる材料にはなるのかも知れませんが、むくみ等が改善されて施術効果があったと言えるのであって、施術の痛みが軽減されたから、症状が改善されたわけではないのです。

『リンパの流れが悪いから、リンパへの刺激で痛みが出る』 これは、本当のようですが、実は根拠のない話なのです。


リンパ療法院 クオリア